動画

アフガニスタンで誘拐されたイエズス会司祭、8か月ぶりに解放される。

2月23日(Vatican Radio/JRS) アフガニスタンで誘拐されて8か月以上人質状態にあったイエズス会のアレクシス・プレム・クマール神父(Alexis Prem Kumar, 47)が解放されたという知らせが届きました。解放の詳しい経緯については現在のところ明らかになっていませんが、アフガン・インドの両国政府の働きが解放の実現に結びついたと、アレクシス神父が働いていたJRS(イエズス会難民サービス)は報告しています。同時にJRS Internatinal所長ピーター・バレイス神父は「彼の解放を実現するために様々なレベルでなされたたゆまぬ努力」に言及し、「アレクシス神父がそこで誘拐された学校の生徒たちを含む、数えきれない友人からの祈りの支えによる慰め」に感謝を表明しています。 アフガニスタンで誘拐されたイエズス会司祭、8か月ぶりに解放される。 の続きを読む

教皇フランシスコ、四旬節の行列、灰の式

Pope Francis, Ash Wednesday 22月18日より四旬節が始まりました。映像のなかで教皇は、灰の水曜日の灰の式でみずから先に灰を頭に受けてから他の人々の頭に灰を乗せます。また、ローマ市内を行列を組んで歩き、講話のなかで涙や嘆きをともなう本物の回心(悔改め)を呼びかけています

この四旬節のはじめにあたって、『涙のたまもの』を願うことはよいことです―わたしたちの祈りと回心の道行がいっそう本物となり偽善とならないために。

バチカン、ローマのホームレスのためにシャワーも散髪も髭剃りも

世界のカトリック教会のニュースから一部を紹介します。

2月6日(Vatican Radio) :バチカンがローマにいるホームレスのためにシャワーだけでなく、散髪や髭剃りを提供する新しい施設をオープンしました。2月6日に3つのシャワー室と一つの散髪室がサン・ピエトロ広場の柱廊の下に完成しました。ローマ市内にはホームレスのひとが利用できるシャワーや散髪の場所がないことを、施物分配担当者(Almoner)であるクラジェウスキー大司教からきいた教皇フランシスコによって、この案は実現することになりました。クラジェウスキー大司教は、「われわれが真っ先に気に掛けるのは、人々の尊厳を大事にすることです」と語っています。

上智大学のクリスマス・ミサ

street scene 14-12-242014年12月24日19時に、上智大学10号館講堂でクリスマス・ミサがありました。学生や教職員とご家族、卒業生や学校関係者と一緒に、クリスマスの希望と喜びを祈りのうちに分かち合いました。主司式と説教はイエズス会の具正謨(クー・チョンモ)神父でした。

スライドショーには JavaScript が必要です。

教皇「クリスマスの喜びを」

待降節第三主日(喜びの主日)に、教皇フランシスコはローマ小教区の教会でミサを捧げました。

「今日の主日(日曜日)に教会はクリスマスの喜びを前に見据えます。これゆえにまさに今日は喜びの主日として知られているのです。」

教皇は参列する信者の方々に、クリスマスにはプレゼントやパーティー以上の大切なものがあることを思い起こさせます。 教皇「クリスマスの喜びを」 の続きを読む