カテゴリー別アーカイブ: 召命関係のつどいについて

教皇フランシスコ、ペレス大統領、アッバス議長、総主教とともに平和の祈り

教皇フランシスコは聖霊降臨を祝った6月8日(日)晩に、イスラエルのペレス大統領とパレスチナのアッバス議長、およびコンスタンチノープル総主教バルトロマイ1世をバチカンに招いて、中東と世界の平和を祈る集いを催しました。

映像の中で、教皇は次のように語っています。 教皇フランシスコ、ペレス大統領、アッバス議長、総主教とともに平和の祈り の続きを読む

広告

イエズス会の初誓願式

14-03-25 Yamauchi vows (07)  2014年3月25日、イエズス会上石神井修練院にて、初誓願式が行われました。

   宣立者の山内豊さんは2012年に修練院に入りました。2年間の修練を終えたこの日、イエズス会の仲間たちに囲まれたミサのなかで、「イエズス会における清貧、貞潔、従順」を神さまに誓願しました。

山内さんはミサ後のお祝いのスピーチの中で自分の修練をふり返って、多くの試練に見舞われながらもイエズス会において神への信頼、主イエスとの絆に生きることの大切さを話しました。

現在、山内さんは鷺ノ宮神学院に移り、4月から上智大学文学部哲学科で第一勉学期を始めています。これからもお祈りください。

また現在、修練院には一人の若者が修練を続けております。彼のためにもお祈りください。

IMG_7668IMG_7620


14-03-25 Yamauchi vows (15)

 

 

2014年度の新しいイエズス会召命スタッフ

onishi_adm_召命担当者Fr arun 2014 for web 2アルン・プラカシュ・デソーザ神父
(Arun Prakash D’Souza S.J.)

  • 南インドの西海岸のマンガロール(カルナタカ州)生まれ
  • 1997年 イエズス会カルナタカ管区に入会。バンガロールで修練後、大学でジャーナリズム、心理学、哲学を学ぶ
  • 2005年 来日。日本語習得後、鎌倉栄光学園で中間期、上智大学で神学を学ぶ
  • 2012年 司祭叙階
  • 2014年 イエズス会召命担当者。
    現在、上智大学新聞学専攻博士後期課程に在籍

召命を考えている皆さんへ

わたしたちは、誰もがまことの仕合せを求めています。キリスト教は聖書を通して、イエス・キリストこそがまことの仕合せの道を照らしてくださる光であると述べています。修道生活(イエズス会における生活はその一つの側面)はイエスを心から愛し、近くから従いながら、神の国-真理と生命の国、聖性と恩寵の国、正義と愛と平和の国-がこの世に実現できるための呼びかけです。
 嬉しい時も、悲しい時も、人生の下り坂でも、上り坂でも、私たち皆――重荷を担っている人、苦しみ悩んでいる人、生きる意味を見出せないでいる人、絶望している人、仕事を失っている人、人間関係に困っている人、家族問題に悩まされている人、精神的に身体的に病を抱いている人、経済的に苦しんでいる人、大切な人から離れてしまった人、罪の赦しを求めている人、真の愛を望んでいる人――イエスと共に、私たち一人ひとりがイエスの足跡を追うように日々招かれています。
左から、森神学生、ブラザー村岡、村山神学生
左から、森神学生、ブラザー村岡、村山神学生

 

 

 

 

 

森晃太郎(もりこうたろう): イエズス会神学生(哲学期)
村岡信慎(むらおかのぶちか): イエズス会ブラザー
村山兵衛(むらやまひょうえ): イエズス会神学生(哲学期)

 

教皇フランシスコ、召命のために祈る。

2014-03-03 (Vatican Radio) 教皇フランシスコは聖マルタの家での朝ミサで、「金持ちの青年」についての福音朗読について説教し、とくに教会における若者の奉献生活、奉仕職への召命のために祈る必要を訴えた。

「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか」 (マルコ10・17)

という青年の声に、

教皇フランシスコ、召命のために祈る。 の続きを読む

2013年の「イエズス会召命サマー・プログラム」の紹介


サマープログラム2013a白「召命サマー・プログラム」

  • 日時:9月27日(金)晩 〜29日(日)昼
  • 場所:イエズス会上石神井修道院
    (西武新宿線「武蔵関」下車 徒歩10分)
  • 参加者:18〜35歳までの男性カトリック信者
  • 費用:¥10,000(参加費・交通費等については援助可能です)
  • 内容:修道生活やイエズス会について知り、また自分自身を振り返って自分の召命を識別することを目指します。修道生活について、イエズス会の霊性について、イエズス会のミッション(使徒職)について、さまざまな会員のゲストスピーカーを招いて学び知る機会や、参加者を交えた信仰生活や召命の分かち合い、そして長年黙想同伴に従事してきた司祭による黙想講話をもとに、各自が静かな祈りの時間の中で自分の召命の識別を深めることを目指します。

2013 召命サマープログラム広告

上記の召命の企画に参加されたい方は、
イエズス会の召命スタッフにご連絡ください。
担当:Fr.サリ・アガスティン、Br.村岡信慎、Mr.村山兵衛
問い合わせ:shomei@jesuits.or.jp