Lebanon, space to learn JRS

レバノンでのイエズス会難民サービスの取り組み

最近のカトリック教会のニュースから一部を紹介します。

「学ぶスペース」(space to learn)と題されたこの映像は、今年6月にイエズス会難民サービス(Jesuit Refugee Service, JRS)が制作したものです。現時点でレバノンには100万人超の難民がシリアから来ており、その実に半数以上が18歳以下の未成年だといいます。

インタビューを受けたガダさん(13歳)は、シリアのアレッポからの難民で、8か月前からJRSの運営する学校に通っていると言っています。「学校が楽しい」「ともだちが大好き」と言うガダさん。レバノン避難当初を思い起こして、友達もなく学校もない日々を、「歌う」ことで忘れていた、と語ります。
現在レバノンにはJRSが運営する3つの学校があります。増え続ける難民のための教育の需要が高まる一方で、難民の子どもが諸々の理由でレバノン現地学校に通えない現状があります。宗派間、宗教間の対立が絶えない地域にあって、「他者を受容する宗教間協力」は不可欠であると、多くの人が一致して考えています。

Lebanon, space to learn JRS2「いつかシリアに帰ると思います。レバノンは私の祖国じゃないから。私の国はシリア。家族も学校も友達もそこにいる。子ども時代の思い出も家も友達も学校も、親戚も近所の仲間も置いてきているから…」(ガダさん)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中