Francis and Salesians-1

教皇、社会の片隅に追いやられた若者のために

Pope in Salesian school 2
教皇様は、アルゼンチンのthe Ramos Mejia Salesian College (Collegio Wilfrid Baron) で一年間勉強したそうです(六年生)。

2014-03-31 Vatican Radio: 教皇フランシスコは3月31日に、ドン・ボスコが創立したサレジオ修道会の第27回総会議のメンバーたちに会いました。教皇は訓示の中で、聖霊がサレジオ会に、今の時代に期待されることと課題を理解する支えとなってくださると、とくに同会が使徒職の要とする青年の養成に必要なことを理解させてくださると、述べます。

Pope in Salesian schoolまた教皇は、生徒への優しさと友情に基づく聖ヨハネ・ボスコの「予防的な方法(Preventive System)」を常に思い起こしながら、今日の教育危機に対して取り組むサレジオ会員の努力を激励しました。さらに多くの若者が直面している疎外の生活についても話し、「社会の片隅に追いやられた若者たちに向かうためには勇気と成熟としっかりとした祈りが必要です」と語っています。教皇はまた、会員の使徒職全体を支えると語る共同体生活についてもサレジオ会を激励しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中