Pope Francis in Ash Wednesday

教皇フランシスコ、諸修道会に「理屈だけの清貧」への警鐘を鳴らす

2014-03-08 (Vatican Radio) 教皇は「人類への奉仕と教会の使命のための、奉献生活・使徒的生活の会の教会財産の管理」についての行なわれたシンポジウムにメッセージを送った。2日間のシンポジウムは教皇の呼びかけによって、教皇庁立聖アントニオ総合大学で行なわれた。

Pope Francis warns Religious Orders against theoretical poverty  教皇は「現代、多くの地域で著しい変化と進歩が特徴的に現われています」と述べ、諸修道会や使徒的生活の会が経済活動を行うとき、「無償の惜しみなさという原理」「すべてを賜物として受け取る論理」を証しする努力を率先して行なうよう呼びかける。「創立時のカリスマやそれに基づく霊的遺産は、各会の固有の目的と共に、運営や経営の第一の評価規準となります」。さらに教皇は、これらの会が「預言者の声」となり、「自ら貧しくなられ、ご自分の貧しさで私たちを豊かにしたキリスト」に倣ってこの新しさを証しするように招いている。

また、教皇フランシスコは「理屈上の清貧」への警戒を呼び掛け、「いやしめられた人、貧しい人、病人、子どものうちに見出される、貧しいキリストの肉に触れること」から生まれる清貧の必要性を訴えた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中