中央アフリカ共和国で集団暴力と民間人に迫る脅威

CAR mass violence1最近の世界のカトリック教会のニュースから紹介します。

ワシントンDC、11月1日 (JRS Dispatches)
イエズス会難民サービスなどの多くのNGOは、民間人を保護しこれ以上の残虐行為を防ぐために、中央アフリカ共和国で迅速な行動がとられるよう国際社会に呼びかけている。以下は、悪化する人道的状況および民間人への絶えない暴力の主な徴候である。

  1. かつて反乱軍主導だった攻撃は現在、民族的、宗派的な様相を帯びつつある。
  2. 中央アフリカ国内で40万人に上る国内避難民。国外に逃れた22万人の難民のうち、6.5万人は、最近の紛争の結果によるもの。
  3. 160万人以上の子どもや家族に影響を与える大規模な食糧不足。
  4. 蔓延する婦女暴行、無謀な殺人、誘拐、身体切断などの虐待、そして元反乱軍連合Selekaや他の武装勢力による村の略奪。
  5. 子供、特に女子への様々な性暴力と性差に基づく暴力の蔓延。
  6. 恐怖と報復の風潮に起因する新たな反乱民兵の誕生。数百人の武装した若者も参加しているが、その多くは強制的な徴兵に基づく。
  7. 首都バンギ圏外で国連の存在感が不足し、安全性と保護が不十分なため人道的支援を訴える報道に大きな格差が生じている。

Bangui's Archibishop Dieudonne Nzapalainga2ローマ、12月4日 (Fides Agency):国際カリタスと中央アフリカ共和国内のカリタス・スタッフによってローマで124日に開催された会議で、同国の劇的な人道危機が焦点になる。

ローマ、12月6日 (Vatican Radio):首都で100人近くの死者を出した衝突(12/5)の翌日、暴力を鎮圧するため、フランス軍が中央アフリカ共和国に現地入りした。6日夜の衝突では、これ以上の死亡が報告されている。5日の国連投票で軍隊に国内安定化の任務が認められると、仏は数時間以内に援軍輸送を開始。仏当局者は、今回の軍隊派遣の目的は首都バンギの最低限の治安回復と、アフリカ人主導の軍隊の支援にあると主張している。Christians gather at Bangui's airport as French military helicopters land

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中