アメリカから来た神学生スティーブン・ピッツさん

13-08-04 Pitts Cuong Toan (15) 今年6/3~8/5に日本に滞在したアメリカのイエズス会神学生スティーブン・ピッツ(Stephen Pitts)さんに、2ヶ月間の体験についてインタビューしました(日本語)。

記者:今回の滞在の目的は何ですか。
ピッツ:日本管区との関係を深めるために来ました。ぼくはイエズス会の米ニューオーリーンズ管区の神学生ですが、日本とは以前から縁がありましたので。
記者:日本に来るきっかけは何でしたか。
ピッツ:2004年、オクラホマ大学3年生の時に、姉妹校の立命館大学に1年留学しました。以前から日本語を勉強しており、日本文化、日本人に興味があったからです。
記者:イエズス会入会のきっかけは何ですか?
ピッツ:高校二年の世界史の授業がきっかけでした。母はプロテスタントでしたが、カトリックにひかれるようになって、大学一年の時、堅信を受けました。気づかないうちに教会活動に導かれましたが、大学二年生の時に初めてイエズス会員に出会って、その後2006年に入会を決心しました。
記者:3年前にも日本に来ましたね。
ピッツ:はい。東京のイエズス会神学院で生活し、社会司牧センターを中心に活動しました。神学院共同体では、国籍を越えた共通のつながりを実感しました。祈りや食事を共にしながら、語り合ったり冗談を言い合ったりして、とてもいい経験でした。

IMGP3132記者:今回はどんな活動をしましたか。
ピッツ:上智大学のカトリックセンターやSJハウスで信仰入門講座を担当しました。信仰知識のない人とともに聖書の意味を考え、宣教師として働く体験をしました。ほかにも、足立のAIAで日本語や英語を教えたり、外国人のために弁護士と相談することもありました。また、岩手県宮古市で被災者の傾聴ボランティアにも参加しました。
記者:よい経験はありましたか。
ピッツ: どれも有意義だったとExamen(糾明)の祈りで中で確信しました。特に人と接する恵み。
記者:チャレンジや困難は?
ピッツ:人間関係でしょうか。忍耐や待つことは大事ですね。

13-08-04 Pitts Cuong Toan (01)記者:日本について思ったことは?
ピッツ:キリスト教初代教会に似ていると思います。困難は多いけど、あたたかい…
記者:日本人については?
ピッツ:お店のサービスなど、気を遣うし、相手への思いやりを大事にする人々ですね。時間のかかる付き合いが必要ですね…
記者:将来について一言お願いいします。
ピッツ:謙虚なイエズス会員になりたいです―リリーフ・ピッチャーのような。ニーズにすぐ素直に答えられるような謙虚な司祭に。
記者:日本で将来働く可能性はありますか。
ピッツ:あると思います。とにかく、出会いは不思議です。被災地では、立命館大学留学時代に出会った神父と再会できたんです。みんなともまた会えると思います。
記者:ありがとうございました。

ピッツ神学生は、1984年米ルイジアナ州ニューオーリーンズ市生まれ、メンフィス育ち。2013年現在、中間期を行っています。お祈りください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中