シリア:アレッポの小さな「世界青年の日」

最近の世界のカトリック教会のニュースを紹介します。

アレッポ、8月2日(Agenzia Fides): 教皇フランシスコがリオで世界青年の日の閉会ミサを行った日に、約850人の青年キリスト者が、青年センターGeorge and Matilda Salemに集まった。アル・サベール地区のサレジオ会によって、ふり返りや祈り、ディスカッションや娯楽を行う活気に満ちた一日となった。あるアルメニア・カトリック司教はアレッポの若者たちと共有した経験について語った。「戦争の傷跡を残す都市で、これほど多くの若者が恐れることなくいるのを見て、驚きました。[…]私たちは、WYDのはじめの数日に 、「誰も希望を奪うことができない」という呼びかけとともに教皇が言われた言葉を最大限実践しました」。

Syrian Catholic Church in Aleppo jpgSyrian Catholic Church in Aleppo 2 jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中