上智大学「奉献生活者のつどい」が5月24日にありました。

2013 05 24 上智奉献生活者の会
2013年5月24日、SJハウス前にて記念撮影。

みなさんは、大学で修道者が勉強していることをご存知ですか? 私たちは、普通の大学生と同じように修道院や下宿先から大学に通って、勉学と共同生活と祈りを喜びのうちに送っている「奉献生活者」です。

5月24日(金)の晩に、上智大学で勉強するシスター、司祭、神学生、志願者たちが定期的に集まる「奉献生活者のつどい」が行なわれました。

内容は、クルトゥルハイム聖堂でのミサ(淳心会ブレイズ神父主司式)と、ささやかな交流会の二本立てです。祈りと食事をともにする中で、専攻や年次の違いから日頃なかなかあって話すことのできない「仲間たち」が、可能なかぎり予定を合わせ、集いを企画し、互いに食べ物飲み物をもち寄ります。神学部の先生も、豪華な差し入れとともにお越しくださいました。都合によって参加できない方もいますが、その方の分も共に祈り楽しんで、明日への力としています。

今年度は、世話人の光延一郎神父(神学部学部長・イエズス会)と、神学部に在籍する萩原義幸神父(レデンプトール修道会)、Sr 三浦ふみさん(援助修道会)のリードのもとで、歩んでいきます。今年は例年にも増して、多くの修道会から、個性豊かな奉献生活者が上智大学に来ております。いい忘れましたが、もちろんイエズス会の神学生も写真にちらほら・・・。

お祈りによるみなさまのあたたかい支援を、これからもよろしくお願いいたします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中