Magis さらなるコミットメント

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「マジス」は英語のmore(よりいっそう)を意味するラテン語で、「神のために、他者のためにさらに何ができるのか」を問いかけます。聖イグナチオ・ロヨラは人々がより惜しみなく人生を生き、それによって、神により大いなる栄光をもたらすようイエズス会員を鼓舞しました。

マジスは「さらなる」活躍へのコミットメントを誇示する行為やその連なりというよりも、むしろライフスタイルとして理解されるべきです。マジスはイグナチオにとって、神および他者との愛におけるパーソナルな関わりを意味するきずなの言葉でした。

マジスを身につけるためには、神になることや、消費社会で私たちが目にする「もっと」への欲求に引き回されることを求めるべきではありません。「もっとしなければ」「もっと大きくなりたい」と欲したり、プライドや出世コースを守るのではなく、イエスの模範を自分の前において愛の実践に尽くし、各個人に可能なやり方で神の御心に寄りそうべきです。

マジスの関心は、私たちが日常生活での選択が、神と他者への愛と奉仕の生涯にどれほど大事な意味をもつかということにあります。

Igantius001マジスは、修行を積むことによって得られる完全主義や、その達成具合を評価できるようなものではありません。むしろそれはキリストの生涯と教えに深くかかわっています。キリストの模範はより深い愛といつくしみ、あかしと真実をもたらし、いっそうの清貧と献身の実践を示します。

多くの場合マジスは誤解されているので説明が必要です。良い識別と選択には選択肢の把握心の自由が必要です。そうでないと、自分に都合よい計画を押し通すだけとなってしまいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中